3dcgムービー製作アトリエ(工房)のグランブルースリーディ株式会社

 3DCG動画ムービー制作(プレゼン・展示会デモ用)

GB3Dへのお問い合せ

  求めているものは、何ですか?

mark_d 展示会デモ、店頭、営業プレゼン用ですか?
         また、HP掲載用ですか?

 価格ですか?
 品質ですか?
 効果ですか?
    まずは、掲載のサンプルを閲覧ください。
    豊富な実績がお客様のご要望にお応えしています。
    3DCG動画の専門スタッフがご案内いたします。

mark_d 3DCG動画は、製品・サービス紹介に
  ビジュアルで、インパクトのある訴求効果を発揮します。

mark_d プロモーション・ムービー制作の専門アトリエ(工房)が
  実績と経験から提言いたします。



イベント用・3dcg映像製作 赤いスポーツ車
 効果的なアイキャッチ、一目で分かり易い説明、
         インパクトのある説得力、印象的な演出効果など・・・。

 広告露出の一番重要なポイント、費用対効果を実現します。

----------------------------------------------

@ 動きがある ・・・ 静止している図解、写真よりも動画は目立ちます。
A 立体的    ・・・ 平面的なアニメよりも3次元的な構造の方が現実的です。
B ビジュアル ・・・ 視覚的な印象とストーリー展開が訴求力を生みます。

 3DCGの3次元、バーチャル(仮想現実)、ムービー(動画)がその可能性を実現します。

mark_gray  3D = 3次元 というワードが普及している今日、実写映像では表現できない演出も
   3DCG = 3次元コンピュータ・グラフィクスならば可能、広告露出の差別化が図れます。



3dcgムービー製作アート工房のデザイン図柄
弊社の得意分野とは? イベントデモ用-3dcg製作

3DCGムービー制作アート工房

 3DCGを専門に手掛けるコンテンツ制作のデザイン・デジタルアート工房です。
 3DCGの中でも静止画のみならずムービー(CG映像)、動画を得意としています。
 制作スタッフはクオリティーに"こだわり"が強い匠の技を持つCGクリエーターです。
----------------------------------------------
 建築、マシンおよびアート関係など広告宣伝プロモーション用コンテンツを手掛けています。
 お客様の多彩なニーズはもちろんの事、ご予算枠、納期など諸条件のご相談を賜っています。
 お蔭様で本年で創業14年目、地道に事業を展開して着実にリピートのお客様が増えています。






3dcg製作最近のニーズ動向

イベント展示会・プレゼン用で、 3Dアニメーション・ムービーが活躍しています。
製品の特長を「動く製品カタログ」としてキッチリと伝え、演出も添えるのでビジュアルに視覚効果にも訴えます。
同業他社とのプレゼン合戦では他を圧倒するアイキャッチは抜群です。

昨今、3DCG動画は販促プロモーション用としてニーズが高まり、弊社でも多くの先進的な取り組みをされているお客様から複数の受注を頂きました。
3DCGによるアニメーション・ムービーを有効な公告コンテンツとして活用することをお勧め致します。

弊社は、大手企業のクライアントに限らず 中小企業の営業企画ご担当、また3Dについて初めての方にも企画構想の段階から適用方法をご相談(コンサル)しつつ、製品の動き(アニメ演出)の提案も致します。 エンドユーザーのお客様だけでなく映像プロの業者様からも3DCG制作のみ外注発注ということでご依頼してくるケースも最近は多くあります。
また、格安のご予算に合せてご提供しますので、お見積りのご依頼、およびご不明点など気楽にお尋ねください。

フルHD・大型液晶モニターへの要望

大型液晶デスプレーによる動く製品説明のプレゼンは、昨今、常識です。
では、なぜ、3Dなのか? 実写映像では不可能なカメラアングル、透視図スケルトン的な見せ方など3DCGならではの演出が可能だからです。「論より証拠」で2Dよりも3Dの優れたビジュアル性は製品特長の説明にも如何なく発揮されます。

-------------------------------------------------------
Full HiVision(フルハイビジョン用)
  高精細・高画質・映像の3DCGムービー制作を承ります。
  大型液晶/プラズマTVによる店頭デモ/プレゼン用など。
  アイキャッチには迫力と臨場感は抜群。

大型液晶モニター再生用DVD、Blu-ray Disc(BD)、
  PC液晶プロジェクター投影用のWindows Mediaファイル形式、
  Web掲載用のHTML5(video)の「mp4形式データ」に載せるなど、
  ご要望に応じて納品いたします。


*****************************************************************
お客様と適用方法

お客様の用途
  企業広報 PR(イメージー・ピーアール)
  営業販売促進 SP(セールス・プロモーション)
  製品・商品の機能説明 (3D取扱い説明)
  デジタル・マニュアル (マシンの分解・組立て)
-------------
お客様の業界
 建築マンション・ビルダー、産業・エンジニアリング、
 商品・製品販売、広告代理店、技術者人材派遣、etc
  建築関係:分譲マンションモデルルーム、賃貸マンション入居募集用動画。
  産業関係:マシン構造、機構、機能をシミュレーション的に見せる動画。
  商品・製品:特徴ある製品仕様や使用方法をデジタル取扱説明として動画。
  技術者リクルート:テクノロジー魂に訴える心を捉えるイメージング演出。
-------------
お客様への納品メディア
  ホームページ(3DCG)
  タブレット、スマホ(3DCG)
  DVD プロモーション・ムービー(CG映像)
  Blu-ray Disc フルHD、フルハイビジョン・高精細高画質(CG映像)
  Windows Media プロモーション・ムービー(CG映像)

*****************************************************************
3Dの優位性について

驚きの表現
    とにかく欲しい・・・!

  より説得力のあるHPプレゼン内容
  より効果的にサービス案内ができる表現力
  より深く理解して頂ける解説
  より豊かな表現ができないか
  人をとにかく驚かせる表現・媒体
  人が手に入れたくなる、虜になる優れたカタログ(3Dカタログ)
  半歩進んだ最新技術を使って、人に魅せたい
-------------
1. 3Dの多次元的な視点 Multiple View

2. 立体物 Solid

3. 可視化 Visualization
-------------
3DCG融合のメリット
  ビジュアル(可視化)で、直感的、一目で分かり易い
  半歩進んだ先進的なイメージ戦略とリフレッシュ感
  競合他社との差別化ができる優位性と独自性

ページのトップに戻る

*****************************************************************************************************************************************
HPの3dcg製作適用によるインパクト

「 Web(HP)(インターネット) + 3DCG(3次元グラフィクス) = Impact Site 」
一歩先取りした先進ツールを貴社の営業支援ツールの武器に付け加えませんか!
3DCGムービーとWeb3Dの手法によって、お客様がインターラクティブ(双方向性)にマウスで画面上のバーチャル製品画像を手に取るように動かして触ってみることが出来る。

例えば、機器製品の操作方法のビジュアル(可視化)な説明。 アニメーションによる説明。 内部構造を半透かしで見せる。 蓋を開けてみる。 スイッチを操作してみる。 バリエーション(シリーズもの)やオプションを付け足して見る。 色々なカラーを変えてみる…等々。
まさに現物を展示しているショールームに直接、足を運んで実際の製品に触っている感覚をホームページから仮想体験できる。 そんな、感動を与える新手の販促ツールとしてご活用ください。
また、制作した3次元・CG映像コンテンツは、ホームページだけでなく、CD−Rに焼き込み、営業支援ツールとしてプレゼン用のノートPCで実演することも出来ます。

「普通のホームページでは物足りない!もう一歩進化した斬新なイメージが欲しい! 製品の特徴を際立たせて強くアピールできないか! 同業他社の広告よりも強烈なインパクトを与えられないか! …等々」のご要望にお応え致します。

広告宣伝は、紙媒体のメディアからインターネットのバーチャルメディアの時代。 製品の競争優位と差別化は、その最新メディアを駆使するものがマーケットを制覇します。ホームページを広告宣伝ツールとして使う有効なポイントは、機器を使う人の視点から製品の特徴をより良くアピールし、お客様に納得(合点)を頂くこと!

写真(2次元画像)静止的 ⇒ 立体・CG映像(3次元画像)動的 なメディアに切り替えてショッキングに貴社のホームページを変えてみませんか? 従来の情報量ではなく、大容量で内容も豊富なリッチメディアコンテンツをご提案致します。

ページのトップに戻る


*****************************************************************
マシンおよびアート系3dcg製作の用途と効果

販売促進、宣伝効果を狙うリッチメディア
  サービス、および商品のビジュアル説明
    多角的な各視点からの形状説明が必要な場合は有効
    操作による稼動が必要な商品にはアニメーション操作説明に有効
  サービス事業のビジュアルイメージによる説得効果

企業広告、広報、および案内書にビジュアル化
  目立つ人寄せPR効果
  コーポレート・イメージの露出効果
  ポスター/イベント展示パネル/会社案内パンフへの援用

Web(HP)+3Dの効果
  双方向にインタラクティブなリアルタイム反応効果
  一連の操作過程をムービーによりビジュアルに説得
  3D電子マニュアル化で利便性アップ
  3Dカタログとハイパーリンク検索の効用

写真解説では出来ない立体解説のメリット
  内部構造の立体解説
  超巨大/極微の世界
  巨大構築物(橋梁、山岳、高層ビル)景観
  新都市構想空間

2Dでは出来ないWeb3Dの適用の可能性
 写真カタログに出来ない立体カタログのメリット
   自動車販売バーチャルショールーム
   新製品販促バーチャルショーケース
   組立工業製品バーチャル構造説明
   建物販売バーチャール・モデルルーム
   美術品展示バーチャル・ミュージアム
   アクティブ電子3Dマニュアル、etc

*****************************************************************
建築物係3dcg製作の用途と効果

建築物のWeb(HP)+3DCG
 企画提案、広告、販促、もしくは現場の確認作業のコンテンツメディア
 設計事務所および工務店が、新築マンションなどを請負う時

  1.構想段階での企画提案、もしくは施主とのイメージ打合せ
     (お客様に外形、部屋のイメージを見せるために作る)
  2.基本設計図(平面三面図)を補足する立体図による施主とのイメージ確認
     (工事開始後、部屋の詳細雰囲気イメージ検討のための材料として)
  3.工事進行段階でのWeb(HP)による3Dバーチャル・モデルハウスの営業展開

賃貸マンション・オーナーの宣伝
  1.入居者への
    宣伝手段の一つとして
     (入居者募集販促メディアとして)
  2.完成段階での実写掲載も含めたWeb(HP)ウォークスルー・ツアー体験の宣伝
  3.販促用3DCG映像だけでなく、
     静止画も販促ポスターなどに活用  

不動産会社がリフォームの企画構想の提案書として
  1.ビフォアー(現状)とアフター
    (改装シミュレーション)の比較提案
  2.インテリア(内装)の詳細イメージ すり合わせ調整 
  3.広告宣伝・販促のバーチャール ショールームとして

*****************************************************************
mark_gray 「Web + 3DCG(3次元コンピュータグラフィクス映像)= ニューメディア」
  一歩先取りした先進コンテンツを貴社の営業支援の武器に付け加えませんか!

mark_gray Web(HP)と3DCGを組み合わせて
  説得力のあるビジュアルな演出効果
  を表現いたします。


*****************************************************************************************************************************************
弊社のお客様のご発注構成は?-3DCG製作

mark_gray HP制作について:

HP制作のご依頼は全てがエンドユーザー様からの直接のご発注です。
広告代理店様からの外注発注は一切、承っておりません。HP制作のデザイン立案では、クライアントであるお客様の意図するものを汲み取る場面が必要です。 そのためには直接、お打ち合わせを弊社で実施して、HP制作の目的狙いをセールス・プロモーションとしての費用対効果にまで突き詰めてご提案いたしております。 センスの良いデザインはもとよりGoogle、Yahooの検索エンジンの上位表示がなされることをも全面支援しています。
また、3DCGコンテンツをHPに組み込み掲載する際、動画搭載する場合は、単に動画h制作の知識があるだけではダメで、3DCG制作についてのノウハウが必須になります。 その意味で、弊社では直接お客様からご要望をお聞きしたうえで、3DCGの有用性を最大限生かせる方向でご提案を差し上げて、ご納得頂いてからご契約をしております。

mark_gray アニメ制作について:

アニメのみを単独で外注発注のご依頼を頂くケースはまれです。
基本的にHP制作のご依頼を受けて、そこに掲載する素材コンテンツとしてアニメ動画を制作することが殆どです。 しかし、3DCG動画、もしくはムービーで弊社の得意とする「Web(HP) + 3DCG = 」をご要望の場合は、3DCGモデリングをしてアニメ閲覧ソフトに掲載する外注発注は承っております。 そういうケースは、すでにお客様が保有のHPに追加で3DCG動画、もしくはWeb3Dコンテンツページを掲載したいというご要望のある場合が殆どです。 よって、お客様側のHPご担当者様、もしくはお抱えのHP業者が追加掲載の作業を容易にできるように、弊社が付帯するデータ一式を取り揃えて納品をいたしております。

mark_gray 3DCG制作について:

弊社は3DCGムービー、動画を専門に制作している工房です。 お客様からのご依頼は、セールス・プロモーション用の3DCG映像の制作をご依頼になってくるケースが殆どです。
その場合は、エンドユーザー様のお客様から直接のご発注を頂いております。プロモーション映像として、どのように3DCGを取り入れて効果的に演出するか? などご提案から始まり、お客様のご要望を聞きながら逐次進めていく手順が殆どです。 その意味で、企画からデザイン、そして制作、最後に納品後のアフターフォローまで一貫して気配りをしながらサービスをいたしております。 また、折角、3DCGムービー制作過程で3Dモデリングがありますので、それをHP掲載用に短縮編集し直してマルチユースする場合もあります。 エンドユーザー様にとってはそのようなご活用も多々あります。

しかし、エンドユーザー様ばかりではなく、映像業界のプロの方からも3DCG制作の部分発注をご依頼される場合があります。 「実写映像は自社カメラマンがいるので自前で撮影できるが、3DCGの経験豊富なプロが不足しているので・・・」とのことからCG映像組み込み用コンテンツ素材として3DCG制作を外注発注されてくる場合です。 その場合、弊社では、ご依頼のファイル形式、納品方法などプロ仕様(スペック)に合わせて3DCGムービーデータをポストプロダクションとして納品している実績も多くあります。 但し、お客様のクリエーター不足により、3DCGモデリングのワイヤーフレーム制作のみの外注の可否を打診されてくる場合も、時折ありますが、そういうご依頼はご遠慮頂いております。 あくまで、ムービー、動画なりに一つの完成品としてお納めできる制作のみ請負会社として承っております。
いずれにしても、弊社の得意とする3DCGムービーですので仕上がりにはいつもご満足を頂きリピート・オーダーを頂いております。


ページのトップに戻る

*****************************************************************************************************************************************
良くあるご質問「制作見積のご依頼」の一例



3DCGアニメ、もしくはCG動画の制作費はCG映像時間ではなく「モデリングの精密度、複雑度、クオリティー、質感などをどこまで作り込むか」の手間隙が費用に大きく影響します。
例えば、フォトリアル(写真画質に近い質感)のような現実に限りなく近いリアル感をお客様が求めているとすれば、制作には、かなりの時間と試行錯誤、修正トライも発生しますので、こだわりをどこまで求めているかによります。
3Dモデリングは手間隙と時間を掛ければ掛けるほど素晴らしい見応えのあるデザイン作品が出来上がりますが、作業を実施するCGクリエーターの人件費の塊ですので、その分の費用がどんどん嵩みます。

プロモーション用の製品説明として使いたい場合、プレゼン・デモ・ムービーは製品のリアル感が重要で、CGクリエーターの匠(たくみ)の技が求められます。
その分、広告露出の費用対効果もアップしますし、さらにベストな宣伝効果を求めるならば、それに相応した予算枠の確保も重要です。
また、逆に「予算がこれ位なのだけれども・・・」という予算が小額で限られている中で「どこまでクオリティーが確保できるか?・・・」などのような厳しい場合もあります。
その場合は、ご予算枠内で可能な作業に見合うクオリティーをご提案しております。 まさに、お客様それぞれのご要望がさまざまなようにお手持ちの条件も各種各様です。

弊社は3DCGコンテンツ制作の専門業者ですので、柔軟にお客様のご要望に応じて対応を取らせて頂いており、ご満足のいく作品を制作し、ご検収納品をさせて頂いております。
お電話での簡単なお問い合わせにも懇切丁寧に応じ致しますし、また、費用、納期についてご説明申し上げております。
さらに、お見積もりは、無償ですので気楽にご要望頂ければと思います。

mark_gray 1. 制作費用について

お客様から弊社HPを閲覧して「プレゼン・デモ用のCG映像をPCプロジェクターなどで投影し説明するアニメーション・ムービー画像、または動画が欲しいのですが、制作費用の見積もりはいくらになりますか?」というお尋ねです。
もしくは「3分間ほどのCG映像の長さで、展示会に出展するプレゼン・デモ用動画を外注発注として制作依頼すると、どのくらいの費用と期間が掛かりますか?」というお尋ねです。

確かに、それでご要望の一番、大事なポイントは分かります。
しかし、お客様が3DCG制作の技術的な事について熟知している映像プロ関係の方であれば、お話は早いのですが、そうでなくて、あまりよく知らない方(いわゆる技術的に素人)の場合は、単純に費用と、期間のみ告げることは難しく誤解を招くことがあります。
3DCGムービー制作は、基本的にお客様のご要望を逐一お聴きして、そのご依頼に沿って制作するオーダーメイドのアート作品に近いものですから、お客様から具体的なイメージ、またご要望とする仕様(スペック)をご提示頂く必要があります。

まず「3分間ほどのCG映像の長さで・・・・」というご要望についても、実写映像ビデオ撮りの場合は「撮影時間とカメラマンの人数、現場作業費用、編集費用など・・・という算式」で見積もりができますが、3DCGムービー、動画などの制作では見積もりの基準が異なります。
では、どのように実写映像ビデオ撮りと3DCGムービー制作では、費用の算出方法が異なるかというと、基本的な尺度は「時間ではなく、凝り性の度合い」と理解して頂ければ分かりやすいと思います。

3DCGムービーの制作工程は「モデリング、テクスチャーマッピング、ライティング、アニメーション、レンダリング」という一連の3DCG制作独自の工程が必要です。
その中でもベースになる3DCGモデリングが一番重要で、制作時間と費用の大半を占めています。


ページのトップに戻る

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



そのような修正・リトライ(再試行)のブラッシュアップ期間が必要になりますが、その点は2Dアニメ制作などでもオーダーメイドの一品ものを作成する点で同じです。
そのようなトライ、すなわち手戻りを出来るだけ少なくするには、作業に掛かる初期の段階で、お客様のご依頼イメージが具体的にハッキリしていることが重要ポイントです。
お客様によっては、極めて詳細に具体的ハッキリしたご要望イメージと制作素材をお持ちの方の場合と、
そうでなくて漠然と「なんか・・・こんなイメージかな・・・?」とか「作ってみないと分からない・・・」というお客様がおります。
前者のケースの場合は、短納期で費用も少なくお互いにハッピーな作品が出来上がりますが、後者の場合は試行錯誤のために時間と費用が相応に嵩みトラブルになるケースが往々にあります。

また、モデリングのプロトタイプ(初版)が出来たとき、ご要望通りかどうかの途中経過の検証チェックをして頂きますが、その時にレスポンス(返答)タイムが迅速に円滑、すなわちクイックリーである必要があります。
そのためには、お客様のご発注と承認体制(責任ご担当者様)が明確であることが大事です。
そうでないと、ご担当者様レベルでは"OK"なのだけれど、承認権限のある上司に観てもらったら"NG"であったなどというケースも度々起きます。
その様な場合は無闇やたらと手戻りと時間ばかりが経過して、制作費用が嵩み納期がズルズルと延びてしまいます。

弊社では、お客様の事情を配慮して柔軟にサービス対応をさせて頂いておりますが、あまり、作り直しなどが頻繁な場合は、当初のご予算(お見積もり)を大幅に超えることもありえます。
そのような場合は、追加費用のご相談を賜ることになります。
できるだけ、最悪の状況に陥らないように制作途中の節目節目に逐次、お客様のチェックを頂くシステムにしておりますが、どうしてもやってみないと分からない場合もあります。
お見積もりをご依頼される際には、以上の注意点についても、丁寧にお客様の事情お聴き致して判断しアドバイスをするように心掛けていますのでご安心ください。


mark_gray 2.制作期間(納期)について

お電話などで3DCG制作のお見積もり依頼についてお問い合わせを頂くとき「どのくらいの制作時間が掛かりますか? 期限があまりないのですけど・・・・」というご質問をよく頂きます。
要するにご発注から納品までの時間が限られているような「駆け込み寺」的なケースが割合と多いようです。

弊社ではそのようなケースでも事情を良くお聴きして出来るだけご要望に応えておりますが、3DCG制作についての基本的な知識がないと「なぜ? そんなに時間が掛かるのか?」ということが理解されないことがあります。
もちろん、CGクリエーターのようなプロとしての詳しい知識は不要ですが、ムービー、もしくは動画といっても2Dアニメーションと違って3DCGムービーの場合は、相応の制作工程と時間が掛かります。

まず、3DCG制作の工程は「@素材収集、設計書などを取り揃える ⇒ A設計書・仕様書をベースに精密に3DCGモデリングを行う ⇒ Bプロトタイプの3DCGモデリングにテクスチャーマッピング(模様、色付け)を付着させる ⇒  C照明を投射してリアル感を醸し出すライテイングを行う ⇒ Dモデリング対象物、もしくはバーチャルカメラに動きを加えアニメーション付けをする ⇒ E画像を連続動画にするムービーレンダリングを行う ⇒ F演出など特殊効果付けを編集する」 などなど・・・・@〜Fまでの一連の複雑な制作工程を経て、ご要望の3DCGムービーがアップされます。

もっと簡単に言い換えると「形状模型を作る ⇒ 色付け光沢感を付ける ⇒ 照明を配置して ⇒ 動きを加え ⇒ パラパラ漫画のコマを生成する ⇒ 最後に演出効果を加える」などコンピュータの中で仮想世界をシミュレーションで作り上げる作業なのです。
明らかに、2Dアニメや実写映像ビデオ撮影とは比較にならないほど手間隙が掛かりますので、相応の時間も必要になります。

また、オーダーメイドの一品ものですからCGクリエーターが作り上げる作品イメージとお客様のご要望イメージは微妙に異なり一発で合致するケースは、殆どまれです。
やはり、何回か、出来上がった作品を観ながらお互いに意見を述べ、試行錯誤しながらイメージのすり合わせをして修正を加えます。
最後にイメージが合致してお互いが納得したところで完成品となります。


ページのトップに戻る

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

mark_gray 3.お客様のそれぞれのご事情に応じて

プロ映像関係者様のプロモーション用3DCGムービーの外注発注のご依頼だけでなく、最近はホームページ制作会社(弊社と同業者)様からも3DCGムービーのアニメを切り出して外注発注をご依頼して来るケースも多くなりました。
業者様にはプロとして専門的なご要望仕様もありますので、それに応じて、お見積もりを差し上げております。
また、その道について素人の方についても、出来るだけ専門用語を使用せずに分かりやすく説明してお見積もりと制作期間をご提示申し上げております。

なお、プロの同業者様から3DCGのモデリングのみをご依頼されてくるケースもありますが、そのような力作業的なワーク外注発注はお断りしております。
また、クリエーターの現場派遣サービスもしておりませんので、あらかじめご了承ください。

詳しくは「良くあるご質問」をご参照ください。

************************************************************************************************************************************LAST*****

以上、お客様の抱える諸事情を勘案しながら、弊社はできるだけ柔軟に対応させて頂いております。
セールスプロモーション用の3DCGムービー制作の専門業者として着実に実績を積上げております。
お客様のご予算枠、納期期限などに合わせて、可能な限りご満足のいくようにご相談賜り、お見積もりを差し上げております。
制作費用などは市場相場よりも安心の格安価格でご提供しておりますが、クオリティーはご満足いくハイレベルに努めています。
ご気楽にお問い合わせ、もしくはお見積もりのご相談など頂ければ幸いです。

 

※ 掲載している静止画、動画の無断コピー再利用は厳禁! (著作権の侵害になりますのでご注意ください)  by GRANDBLUE3D,Inc.

 

GB3Dへのお問い合せ
ページのトップに戻る
トップに戻る